解消方法とポイント|これからも健康維持を|中性脂肪を減らす取り組みとは何かを知る

これからも健康維持を|中性脂肪を減らす取り組みとは何かを知る

解消方法とポイント

ドラッグ

特徴

通常、食事した後のそのカスは、2日後くらいに便となり体内から排出されます。毎日食事をするからには、排便も毎日あるはずなのですが、何日以上排便がないと便秘なのかという明確な基準はありません。おなかが張った感じがして苦しかったり、おならが増えて不快感があったり、便がかたくなり排便に苦労したりと、本人がつらさを自覚したその瞬間からが、便秘ということになります。特に女性は、男性とくらべて腹筋の力が弱いという特徴があるうえ、骨盤の形状的な問題で腸管の動きがやや少なめであるために、便秘で悩む人も多いのが特徴です。また、便秘時には、とにかく出るまでと30分も1時間も頑張るという人もいますが、そこまで頑張る必要はありません。肛門に負担をかける恐れがあるので、5分から10分程度に時間の目安を決めてチャレンジします。

解消のポイント

食事では、便のカサを増やして出やすくするために、食物繊維をたっぷりと摂取する必要があります。また、腸内の善玉菌を増加させることで、腸内環境を改善させることもポイントです。善玉菌を増やす成分としては、ゴボウやタマネギなどに含まれるオリゴ糖などがあります。次に毎日、便が出やすくなるような生活習慣を心掛けることも大切です。たとえば朝、目を覚ましたらコップ1杯の水を飲み、そして、朝食をきちんと食べた後、トイレに行くなど、一連の決まった行動、つまりルーティンを毎日続けていくことが重要になります。宿便のように、おなかに常に便がたまってしまっている状態の、その感覚に慣れてしまわないことがポイントだと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加